Timoc滞在記 (Shun)

1泊2日でTimocへ

私にとってはこれが最後のフィールド訪問

ここでもCGNのコーヒー・アグロフォレストリー事業のモニタリングを行いました!


サヨテの下でのコーヒー栽培と聞いて

みなさん、イメージできますか?(笑)


フィリピンでサヨテは代表的な野菜です

(日本ではハヤトウリと呼ばれているらしいです)

山岳地方でサヨテは、周年栽培可能な換金作物として広く栽培されています

しかし、買取価格が低い上に変動が激しく、農家の安定的な収入源とはなりにくいのが実態です

また、単一栽培による土地の疲弊や病害、森林破壊や土壌流出、化学肥料の大量使用による環境問題も指摘されています

サヨテの下でのコーヒー栽培において、サヨテによる日陰はコーヒーの生育を助けます

コーヒーが新たな収入源となり、農家さんの生計向上にもつながります

※写真はサヨテ農園

農家さんが収穫しやすいように地上約170cmに張り巡らされたワイヤーをつたわせてサヨテが栽培されています

写真では分かりにくいですが、ここは急斜面

私は歩くのもやっとで、収穫物を運ぶ農家さんの苦労がうかがい知れます


私は2日間、コーヒーを求めてこの危険なサヨテ農園を歩き回り、生育状況を調査したという訳です


目の前に立ちはだかる小高い丘を指さして、

「今から歩いてこの丘を越えた先にある農園に行く。ついてくるよね?」

と言われたときには正直言葉を失いました(笑)

(1人で待っていても仕方がないので、結局ついていきましたが。。笑)


サヨテが枯れてしまったせいで日陰がなくなり、コーヒーの生育に影響が出ている場所が見られたのが印象的でした

P.S.

この日はステイ先のお父さんの誕生日

夕ご飯では、集まった近所の方々に犬肉が振る舞われました

たまにこうしてみんなで集まって、杯を交わしながら過ごす時間が最高の幸せなんだとか

いいですねえ~



0コメント

  • 1000 / 1000

コーディリエラ・グリーン・ネットワーク インターン体験ブログ

フィリピン・ルソン島北部のバギオを拠点に、コーディリエラ山岳地方で活動する環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の日本人インターンによるブログです。活動紹介のホームページはhttps://cordigreen.jimdo.com。以前のインターン体験ブログはこちらameblo.jp/cordillera/。問い合わせはcordigreen(a)gmail.comまで。