コーディリエラ・グリーン・ネットワーク

記事一覧(26)

暮らしと農業を繋ぐ演劇づくり (Kanami)

バギオに来て早2ヶ月。学生はとっくの昔に卒業している身分だけれど、ここバギオではCGNとTALAでインターンをさせてもらいながら、今まであまり身近ではなかった英語や環境教育、ソーシャルビジネスといった専門分野に触れる日々。英語が話せないので環境NGOでの活動では基本役立たずだが、カメラマンという経験を生かし、撮影班として様々なプロジェクトに同行させてもらっている。今回、2018年4月30日から5月4日にかけてイフガオ州はハパオ村で行われた「農業」をテーマとした演劇作品を創作する「演劇ファシリテーター養成ワークショップ」では撮影班として、後半の3日間に参加させてもらった。視察でも訪れたイフガオ州フンドゥアン町ハパオ村へは、バギオ市内から乗り合いのバンに乗って北へ約6時間。うねうねの山道を抜けると窓の外は、普段暮らすバギオとは少し違った植生で、南国の雰囲気が漂っている。標高も下ったせいかかなり蒸し暑い。バナウェでジープに乗り換えてさらに1時間ほど。この地域一帯に広がる棚田群は世界文化遺産に認定されていて、そんな雄大な棚田の中にはイフガオ州最高峰のナプラワン山から流れる清流ハパオ川が流れており、人々の暮らしを潤している。棚田の中を一時間ほど歩くと川のほとりに天然温泉もあり、今もなお、手付かずの自然と先住民族の暮らしを垣間見ることができる地域である。